ネイティブイングリッシュ

英語は聞くことでマスターできる

ネイティブイングリッシュは、現在多くの人から支持されている英語のスピーキング用の教材です。ネイティブイングリッシュの人気の秘密は、気軽に始められることにあります。勉強の時間は1日わずか6分でOKです。短いと思われるかもしれません。

しかし、試験前にまとめてたくさん勉強するより、毎日コツコツ勉強するほうが英語の力は上がります。この教材は、基本的に英語を聞き流すだけです。難しい参考書を読む必要はありません。英語の後に、日本語が流れるので、聞いた時に英文の意味が分かるようになります。この点がこのネイティブイングリッシュの素晴らしいところです。

大量の英文を聞いた後に、また最初から日本語の意味を考えていくことは、簡単ではありません。途中で意味が分からなくなることもあるでしょう。しかし、ネイティブイングリッシュではその場で意味を取っていくので、英語の理解のスピードが上がります。

もう一つネイティブイングリッシュには工夫があります。2段階のスピードで読まれる英文が収録されており、早口の英語にも対応できる能力を身に付けられるようにします。速いスピードの英語で耳を鍛えておけば、ネーティブの話し方のスピードにも慣れるようになり、確実に聞き取れます。

スピーキングの能力も身に付けられるネイティブイングリッシュ

ネイティブイングリッシュでは、スピーキングの能力も身に付けられます。まずはリスニングの能力を伸ばすことが大切です。相手の言うことが分からないと、自分が何を言って良いのか分からないことがあります。

また英文を多く聞くことで、英語の単語や表現を覚えられるようになります。その覚えたことを、自分が会話をする時に使えます。ネイティブイングリッシュは英語の会話がうまくなるような工夫がなされています。

日本文の後に、英文が流れる教材も用意されています。それを聞くことで、話すことも上達していきます。最初のうちは、日本文を聞いても、英文を思い浮かべられないかもしれません。しかし、英文とセットになった日本文を繰り返し聞くうちに、無条件に英文が頭の中に浮かぶようになります。そのような状態になったら、英語をすらすら話せるようになる人が多いです。

日本人の場合は、どうしても頭の中で考えながら、英語を話しています。初心者のうちは、それでも構いません。しかし、中級者以上になったら、考える前に頭の中に英文が浮かんでいる必要があります。このような状態になって初めて、ネーティブと会話がしやすくなります。

参考サイトはこちら⇒【ネイティブイングリッシュは効果なし?】本音の口コミ評価と体験談